私が体験した結婚資金を溜める方法

私は20代後半になる女性、中山です。普段は家庭教師のアルバイトをして生活をしています。

こう見えて中山、勉強を教えるのが得意です。どう見えてるかは知りませんが。

さて、2年前ですが婚活を経て出会った20代後半の男性と結婚をしました。そのときの話を今日は使用と思います。

最初は憧れの結婚が決まり、浮かれていてあまりお金のことを考えていませんでしたが、2人で結婚のための準備や結婚資金について考えていく内に、お金が足りないのではないか?という問題が浮上しました(;’∀’)

気付くのが遅い。

それで、「お金はあっても困らないもの!」ということで、結婚準備のための資金と、結婚後の生活を少しでも楽にするためにお金を貯めることにしたのです(‘ω’)ノ

まず手始めに彼と私の貯金がいくらあるかどうかを調べることにしました。私はアルバイト生活をしていたこともあり、貯金は30万円程度しかありませんでした。対する彼は大手企業に勤めていて、真面目に貯金をしてきたこともあり、500万円以上の貯金がありました(*’▽’)

でも、これで安心してはいけません。彼には180万円の奨学金の返済があるので、実際の貯金は500万円よりも下回ります。更に車を購入したばかりだったこともあり、それも貯金が減る原因に・・・(;^ω^)

私はさっそくお金を貯めるためにもバイトを増やしました。夜は家庭教師をして、昼間はスーパーでアルバイトを始めました。少ししか足しにはなりませんが、それでもお金を増やそうと思って必死でした。

一方彼は不要なものを売るようにしました。本やゲーム、いらない洋服などは結婚を機会に売って処分しました。これで彼の部屋もすっきりしたので、新居に移るときも楽になり一石二鳥です。(*^-^*)

利息が取られてしまうので、奨学金も180万円の支払いを一回でして、なるべく借金が無いような状態にしました。そうすることで心の負担も軽くなり、私もアルバイトに集中することが出来ました。

コツコツとお金を溜め続けて、1年後には念願だった結婚式を行うことが出来ました。結婚式は200万円かかりましたが、お祝儀もいただいたので思っていたよりも安く費用を抑えられました。

新居であるアパートのに引っ越したり、家具を新しく買ったりしましたが、貯金も200万円くらい出来たのでお金の心配をすることはありませんでした。一生懸命お金を溜めて良かったと思います。

彼とは喧嘩もしましたし、婚約を破棄してしまおうかと思うこともありました。しかし、結婚資金を一緒に貯めることで絆が深まり、結婚資金も溜まったので万々歳だと思います(*´▽`*)